フラット35の審査条件は厳しい?厳しくない?

フラット35を利用する場合は、当然、審査に通らなければ利用することができません。
だからこそ、フラット35を利用しようと思ったのなら、フラット35の審査条件を事前に知っておきたいところですよね。
年収が400万円未満の場合は30%以下、400万円以上では35%以下に、借り入れ金額全てに対する年間合計返済額の割合がなっていなければいけません。
借り入れ金額全てについては、自動車ローンやカードローンなどすべてのものを含むので、ある程度様々なローンを利用している方は注意が必要かもしれません。
当然、これはフラット35も含めてのことですから、フラット35も含めて自分は大丈夫なのかをきちんと把握するようにしてください。
この他にも、「日本国籍あるいは永住許可権をもっている方」という審査条件もあります。
気になる年齢に関しては、申し込みをした時に満70歳未満であるということが条件としてあげられています。
ですが、この部分は2世帯で返済する親子リレー返済の場合は、満70歳以上であっても問題ないようです。
また、住宅に対しては住宅が技術基準にしっかりと合致していることというのも審査条件となっているようです。
ですが、中にはそもそもひとり分の収入では全然審査条件を満たせなさそう…このような方もいるかと思います。
このような方は収入を合算する…いわば収入合算での審査申し込みもすることができるようですので、この方法を活用してみるとよいのではないでしょうか。
収入合算が可能な方についても、申し込み本人の親や子、配偶者であることや申し込み時が70歳未満であること、そして同居している方などの条件が用意されています。
ですから、収入合算での審査申し込みを検討している場合は、その審査条件をクリアすることができているのかも忘れずにチェックするようにしましょう。
このように、フラット35の審査条件をサラッとチェックしてみると、意外と審査基準がわかりやすく、利用のしやすい住宅ローンとして捉えることもできるのではないでしょうか?
当然、フラット35の審査は誰もが通るものというわけではなく、審査に落ちてしまう方がいるのも事実です。
フラット35を利用しようと思ったのなら、自分は審査条件を満たしているのかどうなのかをきちんと調べて、審査に申し込むことも大切なことだと思います。
審査に通過しなければ、フラット35がいくら魅力的な住宅ローンだと思っていても、利用することができないのですから!