変動金利と固定金利の特徴とは!

住宅ローンには主に固定金利と変動金利があります。
固定金利とは決められた期間はどんなに金利が変動しようが金利が変わることはありません。
逆に変動金利の場合は、金利の変動とともに支払っていく金利が変わっていきます。
固定金利の場合は急に金利が上がったとしても、決められた期間内のうちは支払っていく金利は一定なので、比較的リスクは少ないけれど金利自体は高めに設定されていることが多いです。
また決められた期間が長くなればなるほど、金利は高くなる傾向にあります。
逆に変動金利の場合は急に金利が上がった場合、月々の支払いが大幅に増額されるといったリスクはありますが、金利自体は低めに設定されています。
ただ変動金利は途中で固定金利に変更することが出来ますが、固定金利の場合は途中で帰ることが出来ないといったルールがあります。
その為たとえ金利がものすごく下がったとしても、固定金利の場合は決められた期間内であれば高い金利のまま支払い続けなければいけないルールなので、その点は注意が必要です。
その為住宅ローンで変動を選ぶ場合は、常に金利の動向を確認する必要があります。
住宅ローンを検討する場合は、上記のルールをしっかり確認して、固定にするのか変動にするのか見極めることをお勧めします。